M-1審査員になってほしい人は誰?2022年新たな審査員を大予想

M-1審査員になってほしい人は誰?2022年新たな審査員を大予想 お笑い

2001年から開催されている年末のお笑い賞レース「M-1グランプリ」。

M1グランプリの審査員になってほしい人は誰?というお題で色々と調べてみました。

12月18日に行われる決勝進出組が決まりましたね!

意外なことに、EXIT、見取り図、阿佐ヶ谷姉妹、インディアンス、金属バット、アインシュタイン、ランジャタイなど、過去に決勝進出している有名芸人さんたちが敗退するという大波乱。

決勝戦の日時も、ABCテレビ・テレビ朝日系列で2022年12月18日(日)午後6時34分~午後10時10分との発表もあり、ワクワクしてきますよ!

そのM-1グランプリの常連審査員のオール巨人さん・上沼恵美子さんが、昨年2021年で「審査員やらない」発言が話題になりました。

オール巨人さん曰く「(歳が歳やというのもあるけど)ちょっと分からん漫才が出てくるんですよ」と辞める理由を述べてます。

上沼恵美子さんも「お笑い、全然分からへん」と、自身のラジオ番組でもM-1の審査員卒業を示唆していました。

では、今年2022年のM-1グランプリでは誰が代わりに審査員を務めるのでしょうか?

そこで、SNSなどから「M-1審査員になってほしい人」の声が多く発信されている芸人さんを徹底調査し、2022年の新たな審査員を大予想してみました。

他にも歴代のM-1グランプリ審査員も振り返り、そこも含めて2022年のM-1グランプリ審査員になってほしい人をまとめています。

是非ともみなさんも予想しながら、お読みいただけたら幸いです。

M-1審査員になってほしい人2022!審査員は誰がいい?

「ヨネダ2000」って誰やねん????

まだ2年目の新人みたいですよ・・・。

毎年のように「審査員おかしい!」と、当たり前のように炎上するM-1グランプリの審査員。

多くの芸人さんたちは、「ネット社会で叩かれる!」と審査員をやりたがりませんよね。

昨年2021年に上沼恵美子さん、オール巨人さんは「もう審査員しない」と発表しています。

そうなると、誰が2022年のM-1グランプリの審査員を務めるのでしょうか?

2022年大会はどうなるのか?気になるところを探ってみました。

M-1審査員になってほしいのはこの人!世間の声は…

「M-1審査員になってほしいのはこの人!」という世間の声を拾ってみました。

やはりよく噂を耳にするのは、爆笑問題の太田光さん。

しかし、爆笑問題の太田光さんは自身のポリシーがあって、いくらオファーがあっても辞退するのではないでしょうかね?

次に、上沼恵美子さんが抜けたら女性のM-1審査員は誰になるのでしょうか?

世間の声では、数年前にダウンタウンと同期のハイヒールリンゴさんの名前が出たことがあります。

「女性の審査員」を設けることで多様性も考慮しているのだと思いますが、「内閣か?」とツッコミ入れたくなります。

でも確かにお笑い業界でも、多様性が考えられるようにならないといけなくなってきたと感じますね。

他からもう一つ、博多大吉さんを推している声も出ていますよ。

2016年・2017年にM-1審査員を務めた博多大吉さん。

博多大吉さんは「M-1グランプリ後の解説」なども動画配信していて、とても分かりやすいですよね。

視聴者としては、審査員の総評など解説してもらえると納得できるので有難いです。

M-1グランプリ審査員|歴代審査員を振り返ると…

2001年から開催されているお笑い賞レース「M-1グランプリ」。

歴代の審査員は誰が務めていたのでしょうか?過去の歴代審査員を一覧表にまとめてみました。

「M-1グランプリ」発起人の島田紳助さんなど、意外な顔ぶれもあったりと歴史を感じますね。

実は、さんまさんもオファーがあったらしいですよ・・。

断り続けているようですが・・・さんまがM1グランプリの審査員を断り続ける理由がスゴイ

2001年島田紳助松本人志鴻上尚史ラサール石井春風亭小朝青島幸男西川きよし
2002年島田紳助松本人志大竹まことラサール石井島田洋七中田カウス立川談志
2003年島田紳助松本人志大竹まことラサール石井島田洋七中田カウス南原清隆
2004年西川きよし春風亭小朝大竹まことラサール石井島田洋七中田カウス南原清隆
2005年島田紳助松本人志大竹まことラサール石井島田洋七中田カウス渡辺正行
2006年島田紳助松本人志大竹まこと南原清隆島田洋七中田カウス渡辺正行
2007年島田紳助松本人志大竹まことラサール石井上沼恵美子中田カウスオール巨人
2008年島田紳助松本人志大竹まこと上沼恵美子渡辺正行中田カウスオール巨人
2009年島田紳助松本人志オール巨人上沼恵美子東国原英夫中田カウス渡辺正行
2010年島田紳助松本人志南原清隆大竹一樹宮迫博之中田カウス渡辺正行
2015年中川家・礼二増田英彦岩尾望徳井義実富澤たけし石田明佐藤哲夫笑い飯・哲夫
2016年松本人志中川家・礼二博多大吉上沼恵美子オール巨人
2017年松本人志中川家・礼二博多大吉上沼恵美子オール巨人春風亭小朝渡辺正行
2018年松本人志中川家・礼二富澤たけし上沼恵美子オール巨人立川志らくナイツ・塙宜之
2019年松本人志中川家・礼二富澤たけし上沼恵美子オール巨人立川志らくナイツ・塙宜之
2020年松本人志中川家・礼二富澤たけし上沼恵美子オール巨人立川志らくナイツ・塙宜之
2021年松本人志中川家・礼二富澤たけし上沼恵美子オール巨人立川志らくナイツ・塙宜之

2010年で一旦「M-1グランプリ」は閉幕しています。

また、終了する理由については「視聴率もいいし、やめる必要はないといわれますが、一つの現象を起こしたときは10年でやめないと盛り下がっていってしまう。M-1という言葉がつまらん言葉になったらいかん」と語っている

引用先:M-1グランプリ-Wikipedia

「10年を区切りにする」という島田紳助さんの想いがあったのではないでしょうか。

さすが「名MC」だったと感じますよ。

しかし翌年2011年8月に島田紳助さんは芸能界を電撃引退していますので、何か勘ぐってしまいますよね。

その後2015年から、5年ぶりに「M-1グランプリ」は再スタート。

2015年大会では、歴代のM-1グランプリ王者が審査員と務めていて「これはこれで面白い」と感じました。

歴代のM-1グランプリ審査員を含めて、審査員になってほしい人をピックアップしました。

松本人志さん(2001年〜2021年・15回)

  • NSC大阪校第1期生
  • 1982年同1期生の浜田雅功さんと漫才コンビ「ダウンタウン」結成
  • 漫才だけでなく、書籍も「遺書」「松本裁判」など数々の話題作を執筆

中川礼二さん(2015年〜2021年・7回)

  • 実兄の剛さんと漫才コンビ「中川家」を結成
  • しゃべくり漫才・シチュエーションコント・細かすぎるものまねなど多彩な芸風が人気
  • M-1グランプリ初代王者

富澤たけしさん(2018年〜2021年・5回)

  • 1998年に高校時代の同級生だった伊達みきおさんと漫才コンビ「サンドウィッチマン」を結成
  • 上京時のコンビ名は「親不孝」
  • M-1グランプリ2007大会において、初めて敗者復活枠から優勝するという偉業を達成

M-1審査員になってほしい!2022年の新・審査員を大予想!!

M-1審査員になってほしい芸人さんを、SNSなどから徹底調査!

2022年の新・審査員を大予想してみました。

石田明さん(コンビ名:NONSTYLE)

  • 2008年M-1グランプリ王者

NONSTYLE石田さんの漫才の構成も大好きなので、私も「審査員やってほしいな」と考えちゃいましたね。

バカリズムさん(ピン芸人)

  • 大喜利日本一を決める「IPPONグランプリ」では5回優勝経験あり(最多)
  • もともとはコンビだった「バカリズム」
  • 現在は枡野英知(ますのひでとも)さんがピンで活動

バカリズムさんの完成された「システムの笑い」の感性で、M-1を審査してくれたら「面白い」かも。

山内健二さん(コンビ名:かまいたち)

  • 2017年「キングオブコント」優勝
  • 2019年「M-1グランプリ」準優勝

漫才コンビ「かまいたち」の山内健二さんの狂気的な笑いのセンスで、若手芸人をジャッジしてもらいたいと願っちゃいますよ。

矢作兼さん(コンビ名:おぎやはぎ)

  • 2001年M-1グランプリ出場(最下位)
  • 2001年大会で、審査の不公平さを如実に表した勇気ある関東出身の漫才コンビ
  • かなりの人たらし

芸人として苦汁を味わったM-1グランプリで、今度は「審査員」として参加するのなら「面白いかも」と予想。

漫才コンビ「バナナマン」の設楽統(したらおさむ)さんは、矢作さんのことを「人付き合いの天才」と好評価。

ネット炎上する案件でも、矢作さんなら丸く収めるジャッジができるのかも知れませんね。

友近さん(女性ピン芸人)

  • ピン芸人ナンバーワンを決める「R-1グランプリ」2002年大会で決勝進出
  • 2019年・2020年「R-1グランプリ」審査員

ピン芸人の決定戦「R-1グランプリ」において審査員を務めた経験を生かして、女性のM-1審査員の枠を埋めてくれるのでは?と予想。

M-1審査員になってほしい人は誰?審査員を大予想:まとめ

今回は「M-1審査員になってほしい人は誰?」を調査し、以下のような結果となりました。

  • 爆笑問題 太田光さん
  • ハイヒールリンゴさん
  • 博多大吉さん

あわせて「2022年M-1グランプリの新・審査員」を、独断と偏見で大予想してみました。

  1. NONSTYLE・石田明さん
  2. バカリズムさん
  3. かまいたち・山内健二さん
  4. おぎやはぎ・矢作兼さん
  5. 女性の審査員:友近さん

いよいよ「M-1グランプリ2022」も準決勝(セミファイナル)が11月30日(水)終わり決勝出場者が決定しました!

エントリー総数7261組の中から、決勝に駒を進めた9組。のこり敗者復活戦も楽しみですね!

その中で決勝に進めるコンビは誰なのでしょうか?

M-1グランプリ2022では、決勝進出コンビも、それを審査する審査員にも目が離せませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました